住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?

 

あなたは、現在組んでいる住宅ローンの見直しを行なっていますか?近年、ゼロ金利政策の解除や、多くの金融機関からお得なプランが用意されるようになったから、借り換えを検討している方は多くなってきているようです。しかし、一言に借り換えと言ってもお得な事ばかりではありません。しっかりとメリット・デメリットを理解しておく事が大切になります。

 

人それぞれ既に組んでいる住宅ローンが異なるために、新たに組むプランの組み合わせも異なってくるんです。また、場合によっては借りかえられないケースもあったりして、事前に情報収集しておかなければ賢い選択は出来ませんね。ですが、住宅ローン借り換えはなるべく早い方がリスクが少なく、より返済額の負担率を減らすことが可能です。

 

ただし、早い方が良いと言っても焦りは禁物で、借りかえるタイミングが重要になってきます。と言っても、現在では色んな会社から多種多様なプランが用意されているので、どれを選んだら賢い選択なのか比較の仕方が分からないと思います。どれほど人気の会社であっても、比較ランキングで上位にランクインしていたとしても、あなたに合っているとは限りませんね。比較する際の基準は様々だと思います。

 

そこで、こちらではそれらを含めた住宅ローンの借り換えについて、詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。まずは、借りかえるにあたってのメリットとデメリット、注意点を知ること、そしてあなたが現在組んでいるものが借り換えに適しているかどうかを検討して、色々なプランを比較検討していきましょう。

 

そもそも借り換えというのは、現在組んでいる住宅ローンよりも有利なプランに変更することです。ですが、ここで忘れてはいけないのが、借りかえると言っても新たに融資を受けるという事なので、簡単に変更できるものではないという点です。マイホームを購入した当初と同様に、慎重に計画を立てて色々と比較してから実行に移すことが重要です。

 

また、利率が比較的低い会社へ変更することは確かにお得なんですが、それには必ず様々な費用がかかってきます。費用の額は金融機関によりますが、その費用はだいたいトータルで数十万円という費用がかかります。だからと言って、費用が比較的安い商品が良いのかというと、費用ばかりを比較していてはいけません。よく「保証料が0円」という事を売りにしている所がありますが、それが一概にお得とは言えないんです。

 

現在では、あらゆる金融機関で様々な商品を取り扱っていますが、どんなにお得な商品でもそのおトクには限度があります。気を付けて欲しいのが、残高を減らして返済期間の短縮をする事や、月々の支払額を減らす事は出来ても、決して元本が減る事はないという事です。やり方を間違えると返って損をしてしまう事もあるので、十分に比較して検討するようにして下さい。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

借り換えとは?


あなたは、住宅ローンの借り換えについて何か知っていますか?

 

近年、日本銀行がゼロ金利政策を解除したことや住宅公庫が廃止されたこと、お得なプランが多く出回り始めたことによって、借り換えを考える人が急増していると思います。

それは、ほとんどの金融機関において、借り換え用に設定した住宅ローンを提供するようになっているからですね。

 

条件についても多種多様で、いろいろなものが用意されています。

 

ですが、どのように借りてどのように返すのがいいのか、後悔することがないようにきちんと研究して選ぶようにすることが1番大切ですよね。

 

また、毎月の返済額を見直すことも大切です。

 

老後の資金や子供の教育資金のために、住宅ローンを見直してみることも必要です。

 

特に利率が高い時期に組んだ人の場合は、現在の低い利率のものに借りかえる事によって、ローンの返済金額を大きく減らせる可能性があります。

 

目的によっては、返済金額を減らす以外にもメリットが得られることもあります。

 

よって、いろいろな商品から自分のライフプランに合ったものを探してみましょう。

 

さて、住宅ローンを借りかえるからには、メリットが得られなければ何も意味がありませんよね。

 

考えられるメリットには、返済総額の軽減ができること、月々支払う金額を軽減できること、そして変動リスクを回避できることなどが挙げられます。

 

決してキャンペーンや特典などに惑わされないように、きちんと借り換えの目的が達成できているかを確認することが大切ですね。

 

しかし、住宅ローンの借り換えは新しいローンを組むことなので、諸費用がかかってきます。

 

どんなに良い条件での借りかえられたとしても、元本が減ることはありません。

 

いくらお得だとしてもそれには限度があるので、充分に注意しておきましょう。

 

メリットとデメリット


あなたは、借り換えにはどのようなメリットとデメリットがあると思いますか?

 

住宅ローンを借りかえるには、メリットとデメリットが存在するのは当然ですね。

まず、メリットには金利を節約できることや、完済までの期間を短くできることなどが挙げられます。

 

反対にデメリットには、すごく時間と労力がかかることや、借りかえても利点があまりない場合があるという点です。

 

当然のことですが、メリットが大きい場合は借りかえした方がいいと思うし、デメリットが大きい場合はしない方がいいと思います。

 

住宅ローンを借りかえる際には、大変な労力と時間を要するものです。

 

一度でも借り換えの経験をしたことがある人なら分かると思いますが、二度とやりたくないくらい大変なことなんです。

 

時間と労力をかけてする事なので、借りかえてどれだけ得をするのかをきちんと考えて行動することが大切になります。

 

このとき、最初にすることは情報収集からです。

 

住宅ローン商品の資料を各金融機関から取り寄せて比較してみましょう。⇒新生銀行住宅ローン借り換え

 

インターネット上からも見ることができますが、きちんと内容を把握するためには紙面の方が読みやすいですよ。

 

ちなみに、よく調べた上で住宅ローンを借りかえた方がいいという理由には、次の3つが挙げられます。

 

1つ目は金利についてですが、現在の利率よりも借りかえる方が0.5%以上低くなる場合です。

 

0.5%以上の差がなければ、借り換えの時に必要となる保証料や事務手数料などの諸費用を払うとなると、ほとんどメリットが得られなくなるからです。

 

2つ目は、返済残高が現在1,000万円以上ある場合です。

 

残高がたくさんあるほど、金利の節約はメリットが大きくなるからです。

 

たとえ諸費用を支払ってでも、得する目安金額が1,000万円以上になります。

 

3つ目は、返済期間が10年以上残っている場合です。

 

期間が長いほど、借り換えによって利息を減らすことで支払額を減らすことができるからです。

関連サイト

住宅ローン借り換えランキング!金利と手数料一番お得は?【銀行比較!】
住宅ローン借り換えのお役立ち情報サイトです。高い金利でローンを借り続けて損をしないための方法をご紹介。低金利で手数料や諸費用も安い住宅ローンを知りたいあなた!借り換えで失敗したくない方必見です!
www.homeloankarikaeranking.com/